abap34.com

About Me
icon

@abap34


Education & Work Experience
Works
JITrench.jl

JITrench.jl

JITrench.jl

フルスクラッチで開発している、Julia言語製の軽量・高速な自動微分ライブラリ・深層学習フレームワークです。
GPUのサポート, define-by-run, jax-like なパラメータ管理などなど、現代的なフレームワークの基本的な機能を備えています。

ALMO

C++製の拡張マークダウンパーサ・静的サイトジェネレータです。 サークルの新入生向けに実行可能なサンプルコード・ジャッジ環境を提供したいけど、サーバを用意するお金がない、という問題を解決するために、 WebAssemblyを使ってブラウザ上で完結する実行環境を埋めんだ記事を簡単に執筆できるように設計されました。
このサイトのブログも ALMO + GitHub Actionsで自動ビルド・デプロイされています。

ALMO

JuliaTokyo #11

JuliaTokyo #11 トーク:
Juliaと歩く自動微分

2024年2月に開催された JuliaTokyo #11 での発表資料です。
機械学習を始めとした連続最適化のソフトウェア的な基盤となる 自動微分について、Julia言語を用いて詳しく解説したものです。

JuliaTokyo #11 トーク: Juliaと歩く自動微分

MedCon3

第3回 全国医療AIコンテスト 1st place solution

2021年3月に開催された 第3回 全国医療AIコンテストで優勝した際に発表した Solution です。心電図や患者の情報から心筋梗塞を発見するコンペでした。

第3回 全国医療AIコンテスト 1st Place Solution

traP Kaggle班の運営

所属しているサークルで、機械学習を勉強するコミュニティを立ち上げて運営しています。
この記事では、Kaggle班の新入生教育の一環で行った講習会の取り組みについて紹介しています。
講習会のために400ページ以上の資料・演習問題の作成と10時間以上の講義・演習を行い、部内 mini Kaggle、講義中に質問・コメントをするサービスも開発しました。

サークルでの機械学習コミュニティの運営

traPコンペ 2023 夏 運営後記

Kaggle班で毎年運営しているコンペの2023年度の運営後記です。
2023年度は、ピクシブ株式会社様からスポンサードをいただいてコンペを運営し、37人のメンバーが参加し、32個のディスカッションの投稿、772件のサブミッションがありました。

データ分析コンペの運営

Mushikui

サークルメンバーと最初のハッカソンで開発した、ヒントを得ながら数式を穴埋めするゲームです。
Vue.js を使ったフロントエンドを担当しました。

Mushikui

(Q_Q)

サークルメンバーとハッカソンで開発した、質問収集・回答システムです。
サークル内のSNSで発生した質問を自動収集し、ページを構築・独自の検索エンジンで類似質問の検索と回答のサジェストを行います。
質問を収集する Bot、検索エンジンの実装を担当しました。

(Q_Q)

Minia.jl

Julia言語製の言語処理系です。
PEG を使った構文の定義・解析と、 Julia言語にトランスパイルして実行するのが特徴です。

Minia.jl

Blog

最近の投稿

⇨ 過去の投稿一覧

Contact

abap0002@gmail.com